魅惑の島礼文・利尻島への旅
大人気!道南への旅!
北海道の魅力を存分に味わってください。

Contents

根室は納沙布岬や花先灯台車石が見所

根室は北海道の最東端にある街で、花咲ガニで有名です。浜茹でのあつあつのカニは最高においしいですよ。花咲ガニを目当てに根室を訪れる旅行客も多く、北海道でも人気スポットの1つです。

花咲ガニ

花咲ガニ

根室を訪れたら、まずは花咲ガニを食べなければきた意味がないというくらいです。花咲ガニはタラバガニに近く、ヤドカリの仲間になります。比較的大型で、体のトゲが長く、足は太くて短くなっています。北海道の北東部からオホーツク海、ベーリング海まで分布していますが、漁獲地となっている根室の花先港から和名がきていると言われていますが、茹でると真っ赤な花が咲いたようになるからという説もあります。


足の身はとても多くてびっしり詰まっていて、油分が多く味が濃厚です。根室に行ったらぜひ食べてみましょう。

春国岱

春国岱は、根室湾と風蓮湖を区切るように伸びている、長さ8km、幅1.3kmの長大な砂州です。砂州の上には植物が生い茂っていて、原生花のハマナスの大群生やセンダイハギ、エゾカンゾウや、砂丘の上にはアカエゾマツの原生林が広がっています。

春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター

春国岱の入り口にあるネイチャーセンターで、自然観察や保護の拠点となっています。春国岱の自然を、スライドや展示で分かりやすく紹介しています。遊歩道も整備されていて、自然を満喫して散歩をすることができます。

アクセス

根室市街から国道44号線。東梅まで
[営業] 通年
[4月1日~9月30日] 9:00~17:00
[10月1日~3月31日] 9:00~16:30

納沙布岬

花咲ガニ

納沙布岬は日本で最も東に位置し、一番早く朝日を見ることのできる岬です。納沙布岬灯台は、北海道最古の灯台です。目の前に北方領土を眺めることが出来、周囲にはそれらに関する様々な施設もあり、北海道を旅行する観光客で賑わっています。岬にはヒオウギアヤメ、エゾカンゾウ、クロユリなどが咲き、運がよければ岬にくる野生のアザラシを見ることができます。

望郷の岬公園

納沙布岬の望郷の岬公園を訪れると、『四島のかけ橋』という、北方領土返還祈念シンボル像があります。かつて北方領土から強制送還された日本人が数多くいて、北方四島に眠っている日本人も多くいるのです。北方領土返還を実現することへの決意を象徴するものとして、このシンボル像が建てられました。『祈りの日』は現在も絶えることなく燃え続けています。

アクセス

根室市街から道道根室半島線『平和の塔前』下車
[問い合わせ先] 根室市役所都市計画課

根室市観光物産センター

納沙布岬にある観光物産センターは、根室の特産品を販売しています。2階には、体長4mの北海道最大のトドの剥製が展示されています。根室の産業や自然、物産をコンピューターグラフィックによる3D映像で紹介しています。

営業案内

[3月1~10月31日]9:00~17:00
[11月1日~2月28日]9:00~16:00
[休日]11月1~4月30日・毎週水曜日/祝日の翌日/12月30~1月5日

花先灯台車石

花先岬には、ホイールストーンと呼ばれる、世界的にも珍しい花先灯台車石があります。車輪の形をした玄武岩の放射状節理で、直径6mもあり、天然記念物に指定されています。ユルリ島、モユルリ島を望む岬の眺めは抜群です。

アクセス

根室市街から国道44合繊、道道花先線経由、車石
[駐車場] 無料

明治公園

北海道で2番目に古い、牧場跡地を利用して明治8年に国が創設した公園です。3棟のレンガ造りのサイロがシンボルになっていて、昭和7年と11年に建てられています。芝生広場では、春になるとタンポポのじゅうたんが咲き乱れます。

アクセス

根室市外から国道44号線、道道根室半島線経由、明治町
[問い合わせ先] 根室市観光協会