魅惑の島礼文・利尻島への旅
大人気!道南への旅!
北海道の魅力を存分に味わってください。

Contents

小樽は小樽運河や小樽水族館が人気のスポット

小樽は函館と並び、異国情緒たっぷりの、北海道旅行では人気のあるところです。かつてはニシン漁で栄えていましたが、『北のウォール街』と呼ばれるほど小樽に金融機関が集中し、北海道経済の中心でもありました。現在でも歴史的建造物として、かつての銀行などが数多く残されています。

小樽運河

小樽運河

小樽の顔とも言える小樽運河。1923年に作られています。物流の拠点として賑わっていた運河も、徐々に衰退していきました。運河として利用されなくなった川からはヘドロがたまって悪臭が漂うようになり、小樽市が、運河を埋め立て、道路として整備する案を打ち出しました。全国規模で反対運動が起きましたが、結局は埋め立てられ、北海道道17号小樽港線が開通しました。


散策路が整備され、ガス灯も設置された運河の周辺は、小樽を象徴する観光スポットとして急成長し、都市景観100選に選ばれるまでになりました。


北運河は当初の景色を残していますが、埋め立てて整備された臨港線の方が多く観光客が訪れます。運河の両側にある、レンガや札幌軟石で作られた倉庫群が並び、雰囲気をかもし出しています。

アクセス

JR小樽駅から徒歩10分

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

かつて、日本銀行小樽支店として機能していた建物で、設計者は日本銀行や東京駅の有名な赤レンガの建物を設計した、辰野金吾という人物です。外装に石を使ったレンガ造りで、荘重なルネサンス様式担っています。総工費は日本銀行本店、日本銀行大阪支店に次いで、3番目に高額な建設費がかかったと言われています。小樽市の指定文化財で、現在、金融資料館として公開されています。

アクセス

色内1-11-16 JR小樽駅から徒歩10分(無料)

旧日本郵船(株)小樽支店

国指定の重要文化財の。日本を代表する海運会社で使用していた建物です。石造りで重厚なイメージがあり、近世ヨーロッパ復興様式の格調高い内部を忠実に再現しています。

アクセス

色内3-7-8 [TEL]0134-22-3316
[9:30~17:00] 土日を除く月曜・祝日の翌日休館
[入場料] 大人300円・高校生150円・小中学生(無料)

小樽市鰊御殿

小樽鰊御殿

小樽は金融関係でも栄えていましたが、ニシン漁でも栄えていた街でもありました。鰊御殿は、北海道の有形文化財にも指定されていて、ニシン漁が全盛期の頃に造られた、最大級の番屋です。その当時、数多くの漁師が寝泊りしていた建物です。中には写真をはじめ、当時の生活用具や漁具など、今では貴重なものとなってしまった数々を展示しています。

アクセス

祝津3-228 [TEL]0134-22-1038
[開館] 4月上旬~11月下旬 9:00~17:00(期間中無休)
[入場料] 大人300円/高校生150円/小中学生(無料)
JR小樽駅から中央バス『11』乗車

天狗山ロープウェイ

小樽天狗山夜景

天狗山は標高532mあり、市民や観光客のリゾート地として親しまれている場所です。展望台の他にスキー場もあり、オールシーズン楽しめる場所になっています。山頂の展望台から眺める景色は絶景で、函館・藻岩山と並んで、北海道三大夜景と言われています。夜景シャトルバスも運行していますが、ロープウェイで行くのが観光気分を味わえます。

ロープウェイ

[TEL]0134-33-7381 9:30~21:00(変動あり)不定休
[料金]大人1,000円/小人500円(往復料金)
JR小樽駅から中央バス『9』乗車

小樽水族館

東洋屈指の規模を誇る水族館です。300種2万点以上の小樽水族館豊富な数の魚や両生類が飼育されていて、イルカ・オタリアのショーが楽しめるイルカスタジアム、アザラシ、セイウチ、トド、ペンギンなどが飼育されている海獣公園、『小樽祝津マリンランド』という遊園地で構成されています。イルカショーはやはり大人気です。

小樽水族館のイルカ

小樽水族館で一番人気のイルカショーは連日賑わいを見せています。イルカショーの時間はその都度変更になるので、必ず確認してから小樽水族館へ足を運びましょう。


小樽水族館のペンギン

ペンギンは小樽水族館でももちろん人気の動物です。ペンギンショーでは他の動物たちのショートは違う一面があります。


小樽水族館のアザラシ

ここではずせないのが、アザラシ。ゴマアザラシの愛くるしいショーは人目みただけで虜になること間違いなし。

アクセス

祝津3-303 [TEL]0134-33-1400
[3月下旬~11下旬開館] 期間中無休
[料金]大人1,300円/小中学生530円/幼児(3歳以上)210円
JR小樽駅から中央バス『11』終点下車徒歩1分

その他の小樽の見所

まだまだ魅力のある観光ポイントがあります。

小樽オルゴール堂

小樽オルゴール堂はお土産だけではなく、手作りでオルゴールを作ることができます。旅の思い出にも、大切な人へのプレゼントとし作るのも素敵です。


小樽雪あかりの路

小樽雪あかりの路は運河会場や小樽市内で素敵なあかりが灯されるイベントです。雪の降る北海道だからこそできる、雪のないとイベント。体験イベントや参加イベントあり、毎年多くの観光客に親しまれているイベントです。