魅惑の島礼文・利尻島への旅
大人気!道南への旅!
北海道の魅力を存分に味わってください。

Contents

空港

北海道と本州を結ぶ青函トンネルが開通してから、飛行機やフェリーではなく、JRでも北海道に行くことができるようになりました。道中を楽しむのも旅の醍醐味ですが、スケジュールの関係上、移動時間をあまりかけたくないという場合、やはり飛行機で北海道旅行に行くのが時間の節約になるでしょう。


実際、車で北海道内に遊びに行くよりも、飛行機で東京に遊びに行った方が、時間がかからないと言う道民は数多くいるくらいです。

北海道の空港

旭川空港

北海道の空港と、日本各地の空港を結ぶ路線がこれまでたくさんありましたが、現在では新千歳空港乗り継ぎと、羽田空港(東京国際空港)での乗り継ぎに、路線が縮小されてきています。以下の表では、定期便に関して掲載しています。

空港

国内線

国際線

新千歳空港

道内

稚内・利尻・女満別・釧路

ユジノサハリンスク・ソウル・釜山・北京・上海・大連・香港・台北・グアム

道外

青森・花巻・秋田・仙台・山形・福島・羽田・成田・新潟・富山・小松・松本・中部・伊丹・関西・神戸・岡山・広島・福岡・(出雲・徳島)

函館空港

道内

旭川・釧路・丘珠・奥尻

ユジノサハリンスク
ソウル

道外

羽田・中部・関西

旭川空港

道内

函館

ソウル

道外

羽田・中部・関西・(伊丹)

女満別空港

道内

新千歳・丘珠

道外

羽田・中部・関西

釧路空港

道内

新千歳・丘珠・函館

道外

羽田・(中部・伊丹)・(関西)

帯広空港

道外

羽田・名古屋・(関西)

丘珠空港

道内

稚内・女満別・中標津・釧路・函館

稚内空港

道内

新千歳・丘珠

道外

羽田・(中部・関西)

中標津空港

道内

丘珠

道外

羽田

紋別空港

道外

羽田

利尻空港

道内

新千歳

奥尻空港

道内

函館

礼文空港

空港の区分け

日本にある空港は、空港施設整備費の負担、設置や管理主体によって、空港法により、3種類に分類されています。


  1. 旧第一種空港と呼ばれる空港で、成田、羽田、中部、関西空港など、国際航空輸送網、国内航空輸送網の拠点となる空港を指します。
  2. 旧第二種空港と呼ばれる空港で、旧第一種以外の国際・国内航空輸送網の拠点となる空港のことを言います。
  3. 旧第三種空港と呼ばれる空港で、国際・国内航空輸送網を形成する上で、重要な役割を果たす地方管理空港のことを言います。

上記の区分けで見ると、北海道には旧第一種空港として指定されている空港はありません。表にはありませんが、千歳空港を合わせると北海道には14の飛行場があり、国内航空路線に必要とされる旧第二種飛行場が6ヵ所、航空輸送を確保するために必要な地方的な空港である旧第三種空港が6ヵ所、防衛省と共用している空港が2ヵ所あります。


旧第二種空港である新千歳、函館、釧路、稚内空港と、防衛省との共用飛行場になっている千歳、丘珠空港は国が直接空港整備を行っていて、それ以外の空港は国からの補助の元、北海道が空港整備を行っています。

北海道の飛行場での注意

函館空港

北海道旅行に飛行機を使う場合に注意として、目的地と空港の位置との関係を調べておく必要があります。


札幌丘珠空港や函館空港のように、空港から札幌中心部、函館中心部まで車で20~30分の空港もあれば、新千歳空港のように、中心部に行くまでは、車で1時間、バスだと1時間20分もかかる空港もあります。JR快速エアポートを利用すると、最速で36分で中心部まで行くことができますので、空港についてからの交通手段も計画に入れなければ、その後の計画が狂ってしまいます。

計画はきちんと

無計画に旅行をしようとすると、広い北海道では痛い目に合ってしまいます。


飛行機を降りたあとの移動手段を何にするか、その移動手段ではどのくらい所要時間がかかるのかを計算に入れていなければ、旅行のほとんどを移動時間として過ごしてしまうことになります。


目的地に着いてからの交通手段はバスや電車、徒歩でもかまわないでしょうが、最低でも、空港から降りて目的地までの交通手段は計画に入れておきましょう。